FC2ブログ

世界ふれあい旅日記

国内・海外の旅行記や美味しいものを紹介!

行田市観光 忍城とB級グルメゼリーフライ

スポンサードリンク


行田市の観光名所であり映画「のぼうの城」の舞台となった忍城(おしじょう)と、B級グルメで有名になったゼリーフライを食べに行きました。

忍城は行田市内の中心にあり、普通の民家の脇にあるような感じです。

意外と目立たず、探すのにちょっと苦労しました。
2011年07月02日_16時28分46秒
忍城は関東七名城に数えられる立派なお城で、「浮き城」という別名があります。

由来は豊臣秀吉の関東平定の中で、石田三成らに水責めに会いますが果敢に耐えたことにより、「この城は水に浮くのか」と恐れられたことによるものだと言われています。

忍城は明治6年に一度解体されていますが、昭和63年に再建されたものです。
2011年07月02日_16時32分51秒
入口には立派な門があります。
2011年07月02日_16時34分24秒
お城の周りは池に囲まれていて、橋と柳の木がとっても風情があります。
2011年07月02日_16時27分40秒
忍城は小さいながらも立派な作りです。

中にも入ることが出来ますが、入館時間が9:00~16:30までで、入場料が高校生以上200円、小・中学生が50円となっています。

来たのがちょうど16時30分だったので、今回は外から見るだけに。

忍城は規模が小さいので、あっという間に観光終了。
2011年07月02日_16時27分06秒
忍城から歩いてすぐのところに「水城公園」があります。

その脇に偶然、ゼリーフライを販売している年季の入ったお店「駒形屋」を発見。
作っているのもこれまた年季の入ったおばぁちゃんで、駄菓子屋で買い物をしているような気分。

ゼリーフライはB級グルメで有名になったので、私のように偶然看板を見つけた感じのお客さんが次々来ていました。

1本60円で揚げたてを購入!
2011年07月02日_16時22分26秒
ゼリーフライと言ってもプルプルのゼリーをフライにしたものではありません。

私もどんなものかと大変期待してしまいましたが、じゃがいも、おからをベースに小判型に整えて油で揚げた食べ物だそうです。

名前の由来は形が小判(銭)にそっくりだったことから「ゼニーフライ」がいつしか「ゼリーフライ」と呼ばれるようになったとか。結構無理やりのような気もしますね!
2011年07月02日_16時22分12秒
味は衣のないコロッケのような感じで、驚く味はなにもないですがおやつとしてもっと食べたいなと思いました。

駒形屋以外にもたくさん「ゼリーフライ」のお店があったので、時間があればいろいろ試しに食べてみたかったです。
2011年07月02日_16時22分47秒


スポンサーリンク

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://hksurf.blog.fc2.com/tb.php/85-c9de5962