世界ふれあい旅日記

国内・海外の旅行記や美味しいものを紹介!

新垣ぜんざい屋 駐車場 混雑状況(待ち時間) 感想

スポンサードリンク


沖縄県本部町にある新垣ぜんざい屋さんに行きました!

新垣ぜんざい屋は創業50年を超える人気のぜんざい屋さんです。

場所は沖縄そばの老舗「きしもと食堂本店」のすぐ近くにあります。

夏場は岸本食堂と新垣ぜんざい屋をセットで行く観光客で行列が出来ます。

訪れたのは5月のオフシーズンのため誰も並んでいませんでした。

専用の駐車場はありませんが、目の前の市場に駐車(無料)することが出来ます。

2013年05月28日_14時23分14秒

奥に人が見えますが、あそこが岸本食堂本店です。

本当に目と鼻の先。

もちろん両方行きました。

2013年05月28日_14時25分21秒

店内に入ると券売機があります。

新垣ぜんざい屋のメニュー。

ぱっと見メニューが豊富かと思いきや、

氷ぜんざい(1名様)250円、氷ぜんざい(2名様)500円、氷ぜんざい(3名様)750円・・・・(20名様)5,000円

って、結局全部氷ぜんざいじゃん!!

2013年05月28日_14時23分34秒

氷ぜんざい(2名様)お持ち帰り500円を買い、食券を渡し、出来上がりを店内で待ちます。

もちろん店内で食べることもできます。

2013年05月28日_14時23分29秒

そしてこれが氷ぜんざい。

沖縄でいう「ぜんざい」は、お汁粉の上にかき氷がのせられたものです。

お持ち帰りなので氷はこんもりではなく、平べったくつぶれていました。

ずっしりとした重みがあり、ボリュームがあります。

2013年05月28日_14時26分58秒


都内にあるような天然氷を使ったかき氷店のようなふんわり感はありませんでした。

氷は割と普通です。

氷の下には薪でふっくらと炊かれた大粒の金時豆がごろっと入っています。

金時は甘さ控えめ。汁はさらっとしていてこちらも甘さ控えめ。

甘さ控えめなので、飽きることなく食べることが出来ます。

驚くほどの美味しさはありませんが、昔ながらのやさしい味わいがあります。

そしてこのボリューム感はものすごく、食べ応えも十分でした。

2013年05月28日_14時28分45秒

<店名>新垣ぜんざい屋 (あらがき)
<TEL> 0980-47-4731
<住所>沖縄県国頭郡本部町字渡久地11-2
<交通手段>沖縄自動車道 許田IC~国道58号線~県道84号線 本部方面23km
<営業時間>火~日 12:00~18:00(売り切れ次第終了)
<定休日>月曜日(祝日の場合は翌日) 臨時休業あり


スポンサーリンク

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://hksurf.blog.fc2.com/tb.php/559-28cc94aa