FC2ブログ

世界ふれあい旅日記

国内・海外の旅行記や美味しいものを紹介!

バスティーユ広場 パリ Cafe de l'Industrie ランチ

スポンサードリンク


フランスパリにあるバスティーユ広場に行きました!

バスティーユと言えば、1784年7月14日、ルイ16世の政治に不満を持つ市民がバスティーユ牢獄を襲撃し、フランス革命が始まった場所として有名です。

現在は、フランス革命後解体され、その面影はほとんどなく、唯一残るのが、広場下ののバスティーユ駅ホームにある牢獄サンダーワーヌ門の土台のみだそうです。

広場中央の円柱は「7月の円柱」と呼ばれ、1830年におこった7月革命の犠牲者を追悼するために建てられたものだそうです。

2011年05月23日_19時07分33秒

バスティーユ広場までは地下鉄(メトロ)を乗り継いでやってきました。

バスティーユ駅から徒歩1分です。

着きましたが特に何があるわけでもないです。

牢獄というより、今では棒が一本立っているだけですから。

バスティーユ広場では、露店の様な市場をやっていましたが、特に欲しいものもなく、ふらっと見て通り過ぎました。

2011年05月23日_18時59分17秒

ちょうどお昼ごろだったので、宛もなくバスティーユ周辺を歩き周り、美味しいレストランを探しました。

言葉は分らず、何の情報もなく、お店を探すのは結構疲れます。

2011年05月23日_19時18分43秒

お腹が空きすぎて、そろそろ限界が近づいてきたところで、地元パリのお客さんで賑わう一軒のカフェを発見!

しかもパリのレストランとしては安いランチ10.5€。

即、Cafe de l'Industrieで決定!

2011年05月23日_20時15分07秒

店内も人がたくさんいて賑わってます。

カウンターと机の席があり、おしゃれな店内。

2011年05月23日_20時14分48秒

パリで食事と言えばやっぱりテラス席。

テラス席と言っても、狭い歩道に小さい椅子とテーブルを置くのみの簡易的なテラス席。

席が空いた時にタイミングよく座れました。

2011年05月23日_20時15分18秒

歩き疲れた喉にさっそくビールを注ぐ。

机は若干ぐらぐらと揺れ安定感に欠ける気もしますが、地元パリッ子気分を十分に満喫。

2011年05月23日_19時44分59秒

ウエイトレスが注文に来ました。

英語も通じないし、メニューを見てもさっぱりわかりませんでしたので、ビーフと書かれていた料理を適当に一つ注文。

そして来たのが、この下の写真。

巨大、生ユッケ。

こんなでかい生ユッケ見たことないよ!

ステーキのような焼いた牛を想像して注文したので、かなりショック。

よくよく周りを見ると巨大生ユッケを食べている人が多く、この店の人気メニューのようでした。

2011年05月23日_19時46分52秒

食べてみると美味しいのですが、さすがに生肉をこんなに食べることに、抵抗があることと、量が多すぎて飽きてしまい完食できず。

しかも、建物の上にいたハトの糞にやられてしまいました。ひぇ~。

日本に帰ってお店を調べてみると、トリップアドバイザーで紹介されていてそこそこ高評価でした。

他のランチメニューを食べてみたい!


スポンサーリンク

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://hksurf.blog.fc2.com/tb.php/518-ea65f9e0