世界ふれあい旅日記

国内・海外の旅行記や美味しいものを紹介!

熊谷 かき氷 慈げん(じげん) 混雑状況(待ち時間)と駐車場

スポンサードリンク


熊谷にある行列の出来るかき氷店「慈げん(じげん)」に行きました!

上熊谷駅から徒歩7分ほど、八木橋百貨店のすぐ裏の方にあります。

オープン1時間前の10時頃、店の前を車で通るとなんとすでに並んでいる先客(4名)が!

さすが熊谷かき氷の名店慈げん(じげん)。

オープンしたら数時間待ちは必須な予感。

2013年08月15日_09時46分04秒

本当は夕方ごろ来る予定でしたが、半端ない混雑が予想されたため、急きょ予定を変更しオープンちょうどの11時に来店。

行列は約30人。

店の駐車場はないため、近くのコインパーキングに停めました。

コインパーキングは周辺にいくつかあります。

たまたま店の前に路駐してあった車が、あっという間に駐禁の紙を張られていました。かわいそ~。

2013年08月15日_11時08分57秒

今日も真夏日。

日陰も何もない店の前で待つのはかなり厳しい。

みんな黒い日傘をしていると思ったら、傘には「じげん」の文字が!

慈げんで日傘を無料貸し出ししていました。

2013年08月15日_11時24分43秒

最初に5組ほど入り、そこからなかなか進みません。

かき氷は意外に食べるのに時間がかかるため、お店の回転率はあまりよくないです。

30分待ってもまだまだ入店できなさそうだったので、交代ですぐ近くにある八木橋百貨店内をしばらくぶらぶら。

熊谷といえば猛暑で有名な街。

あついぞ熊谷!今日は11時の時点でまだ31.9度。

2013年08月15日_11時14分19秒

慈げん(じげん)のオープン同時に並び、待つこと約1時間。

ようやく次の順番になりました。

2013年08月15日_12時07分03秒

慈げんの店内。

カウンター4席、テーブル席2台、座敷席2台。

2013年08月15日_12時12分53秒

私たちは座敷席を案内されました。

外の混雑をよそに店内は席の間隔が広く、かなり落ち着きます。

クーラーで店内はキンキンに冷やされ、並んでいる間の大量の汗が一気に引きました。

2013年08月15日_12時09分23秒

注文したのは本日のかき氷から「生絞り 柑橘ミックス グリーン系(750円)」。

国産レモンとかぼす、すだちが混ざり合ったかなりさわやかな匂いと酸味。

お好みで和三盆を入れるようなので、さっそく使ってみましたが、甘さ控えめなため、柑橘系の酸味にほとんど消されてしまいました。

でもこのかき氷は柑橘系が好きな人なら間違いなく美味しい!と絶賛する味です。

2013年08月15日_12時21分15秒

もう一品は「抹茶ミルクあずき(930円)」

千円近くする高級かき氷。

見た目からしてかなり美味しそう。

かき氷がざっくりしているようにも見えますが、かなりふわふわ。

抹茶は粉の渋みと風味があり、みるくは練乳のようなものを想像していましたが甘さ控えめの全く違うもの。

2013年08月15日_12時24分43秒

かき氷の中に大粒で甘さ控えめの小豆が入っています。

抹茶ミルクあずき930円とすっごく高いかき氷ですが、ひとつひとつの材料にかなりこだわりの味がします。

1時間待ちましたが、それも納得の美味しいかき氷でした!

後で知りましたが、抹茶味は9月1日まででしかも1日30名限定と貴重な味でした。

早く来てよかった(^^)

2013年08月15日_12時26分08秒

慈げん(じげん)のメニュー。

今度はミルクココアも食べてみたいな。

2013年08月15日_12時13分33秒

あんくるプレッソも気になるなぁ。

2013年08月15日_12時14分09秒

こちらは本日のかき氷。

フルーツが目の前に並んでいます。

アボカドミルク(730円)これも気になる!

変わったかき氷の味がたくさんあります。

2013年08月15日_12時10分21秒

本当に美味しかった!

かき氷がこんなに奥深いものだとは知りませんでした。

外に出ると真夏の太陽の下、さらに長い行列が出来ていました。

下手すると2時間以上並ぶこともあるのでは?

この行列を見て、またすぐにでも来たいという思いが、またいつか来たいに変わってしまいました(笑)

2013年08月15日_11時31分36秒

慈げん(じげん)では、うどんも売っているらしいですが、5月25日~10月頃まではかき氷のみの販売だそうです。

このかき氷を食べる限り、うどんもかなりのこだわりで美味しいのではと期待してしまいます。

2013年08月15日_12時38分25秒

慈げん(じげん)のかき氷は日光の天然氷を使用。

熊谷には「雪くま」というブランドかき氷があり、この名前を使用するための3つの条件があります。
①熊谷の美味しい水を使ったかき氷を使っている
②氷の削り方にも気を遣い、雪のようにふんわりした食感
③オリジナルシロップや食材を使用していること

慈げんも最初は「雪くま」かき氷と思っていましたが、日光の天然氷を使用しているということは違うのかな?

2013年08月15日_12時37分16秒

店名 慈げん (じげん)

TEL  048-526-1719

住所 埼玉県熊谷市仲町45

営業時間 11:30~18:00

定休日 定休 水曜日 臨時休業あり

車で行く場合は電話番号をナビに入れれば案内が出ます。


スポンサーリンク

Comment

ケイト says... ""
初めまして。
東京在住ながら慈げんさんのかき氷に魅せられて
月に1度は通っています。

慈げんさんは元々は雪くま協会の会長でしたが
昨年から天然氷も使うようになり
雪くまの名称は外されました。

現在も天然氷だけでなく純氷も使っていらっしゃいます。
ヒーロさんのお写真の本日のかき氷アボカドミルクの横には
純氷と記載があります。

ミルク系には純氷が多いようです。
2013.08.20 07:21 | URL | #HGYdP38A [edit]
ヒーロ says... "Re: タイトルなし"
雪くま協会の会長だったんですか!!
美味しいわけですね!


初めまして。
> 東京在住ながら慈げんさんのかき氷に魅せられて
> 月に1度は通っています。
>
> 慈げんさんは元々は雪くま協会の会長でしたが
> 昨年から天然氷も使うようになり
> 雪くまの名称は外されました。
>
> 現在も天然氷だけでなく純氷も使っていらっしゃいます。
> ヒーロさんのお写真の本日のかき氷アボカドミルクの横には
> 純氷と記載があります。
>
> ミルク系には純氷が多いようです。
2013.08.21 00:28 | URL | #- [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://hksurf.blog.fc2.com/tb.php/463-aa5f340b