世界ふれあい旅日記

国内・海外の旅行記や美味しいものを紹介!

モンマルトルの丘 壁抜け男 周辺観光

スポンサードリンク


モンマルトルの丘のテアトル広場の近くにある、「壁抜け男」を探しに、周辺を散策しました。

「壁抜け男」とはモンマルトルの作家、マルセル・エイメという小説家が書いた短編小説に出てくる主人公の銅像です。

2011年05月22日_23時09分48秒

モンマルトルの丘から見下ろすパリの町並みは正に絶景。

突出して高い建物がないため、どこまでも続く地平線と大きな空のキャンパスを見ることがて来ます。

2011年05月22日_23時33分24秒

モンマルトルの丘を下りながら散策です。

2011年05月23日_00時10分24秒

下町情緒漂う街ということですが、おしゃれなお店や家が多いです。

2011年05月23日_00時11分00秒

2011年05月23日_00時14分57秒

フランスパンにはさまれた大きなソーセージ。

チーズもたっぷり乗っていてすっごく美味しそう。

2011年05月23日_00時16分49秒

色とりどりのジェラート。

2011年05月23日_00時21分56秒

とっても暑かったので、ジェラートを食べながらの散策!

2011年05月23日_00時25分06秒

いい天気!

2011年05月23日_00時13分03秒

画家の集まるテアトル広場を抜け、さらに下って行きます。

2011年05月23日_00時39分10秒

2011年05月23日_00時39分29秒

石畳を下っていると・・・

2011年05月23日_00時40分00秒

いました!

壁抜け男!

偶然見つけました!

小学生達が壁抜け男と楽しそうに遊んでいました。

意外と人気者?

2011年05月23日_00時40分58秒

この子は壁抜け男と記念撮影です。

ハイポーズ!

サングラスが決まってるね♪

2011年05月23日_00時41分34秒

そして誰もいなくなりました....

「一人にしないでくれよ~・・・・」

そんな悲しげな雰囲気。

何だかリアルなだけにポツンと取り残されるととても哀愁を感じました。

2011年05月23日_00時41分06秒

実際、小説の内容も平凡なサラリーマンが壁を抜ける力を手に入れ、注目をあびるため泥棒、捕まる、脱獄を繰り返す。そんな生活に飽きて誰も知らない場所に行きひっそり暮らそうと考えていた時、人妻に恋をし、帰る途中で壁から出られなくなるというなんとも後味の悪い話の様です。

小説の内容を知るとますますかわいそ~に見えるなぁ。


スポンサーリンク

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://hksurf.blog.fc2.com/tb.php/450-bf628c8f