FC2ブログ

世界ふれあい旅日記

国内・海外の旅行記や美味しいものを紹介!

清津峡 所要時間 駐車場 料金 感想

スポンサードリンク


日本三大渓谷のひとつ、新潟県十日町市にある清津峽に行きました!

三大渓谷ってなんだぁ?

初めて聞きましたが、ここ新潟の清津峡、富山黒部峡谷、三重の大杉谷の3つの渓谷を指すそうです。

三大渓谷と言ってもあまり有名ではなさそうだったので、意外としょぼいのでは?

と思い、行こうか迷っていましたが、他に主だった見どころがなかったので行くことに!

2013年06月09日_11時46分21秒

越後湯沢の駅から清津峽まで車で約25分。

無料駐車場があります。

6月のよく晴れた日曜日にやって来ました。

人が少ない。

越後湯沢の駅前もそうでしたが、全体的に観光客は少なめです。

もともと、ゲレンデがたくさんあるウィンタースポーツの街なので今はシーズンオフなのかもしれませんが、スキーやスノボーをやる人口が減っているので、心配になります。

2013年06月09日_11時16分09秒

駐車場から歩いて清津峡の絶景スポットに繋がるトンネルに向かいます。

途中の通りには飲食店が少々と旅館がいくつかあります。

2013年06月09日_11時20分14秒

脇にはエメラルドグリーンのきれいな川が流れています。

2013年06月09日_11時25分04秒

清津峡トンネルの入り口。

昔は清津川沿いに歩道があったらしいのですが、現在は落石の危険があるため立ち入り禁止になっているよう緒です。

2013年06月09日_11時28分34秒

清津峡トンネルの入場料
大人500円
子供250円
幼児無料

営業時間
8時30分~17時30分 (16時30分が最終入場時間)

トンネルの長さは往復1500m

所要時間は30分~60分

トンネルの途中に4箇所の見晴所があります。

2013年06月09日_11時29分18秒

嬉しいことにトンネル内ではベビーカーを借りれます。もちろん無料です!

2013年06月09日_11時30分32秒

トンネル内は結構殺風景。

でも涼しくて快適!

2013年06月09日_11時31分14秒

トンネル内にあった熊のはく製。

2013年06月09日_12時04分22秒

イルミネーション。

あとビデオの上映や写真なんかもありましたが、トンネル内はそんなに見どころはないかなぁ。

行は若干の坂道がずっと続くので、ちょっとした運動になります。

2013年06月09日_11時42分26秒

しばらく歩くと左側に第一の見晴所が出てきました。

2013年06月09日_11時36分37秒

柱上の岩が独特で迫力があります。

2013年06月09日_11時37分14秒

第2の見晴所。

第1の見晴所とそんなに変わりません。

ちなみに第3も同じような感じです。

ここは見ないで先に進む人が多かったです。

2013年06月09日_11時38分52秒

V時の渓谷が見えてきました。

第4の見晴所です。

一眼レフカメラを持った人たちが一心不乱に写真を撮っています。

2013年06月09日_11時51分39秒

いやすごいです!

しょぼいかもなんて思ってたのが申し訳ないほどの絶景!

もっと有名でもいいんじゃないか?

2013年06月09日_11時46分33秒

せっかくなので、アートフィルターでいろいろ撮ってみました。

ポップアート。

2013年06月09日_11時47分11秒

ドラマチックモード。

魔王の住む谷できあがり!

2013年06月09日_11時46分49秒

峡谷の脇には大きな雪の絡まりが残っていました。

2013年06月09日_11時52分47秒

うちの娘は最近カメラが分かるのか、レンズを向けるとしっかりとポーズを取ります。

子供の成長の速さにはびっくりします!

逆光でなんだかわからないですけどね!

2013年06月09日_11時52分11秒

清津峡トンネル
住所:新潟県十日町市小出
電話:025-763-4800


スポンサーリンク

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://hksurf.blog.fc2.com/tb.php/431-729830cd