FC2ブログ

世界ふれあい旅日記

国内・海外の旅行記や美味しいものを紹介!

クアラルンプール プトラジャヤへの行き方

スポンサードリンク


ピンクモスクのあるプトラジャヤへバスで行きました。
電車でも行けますが、バスのほうが安いし簡単です。
プトラジャヤは政治や行政の中心地となっており、閑静な高級住宅街となっています。
ピンクモスクにある湖は人口湖だそうです。
2010年01月30日_14時36分01秒
ホテルのあるブキッビンタンからチャイナタウンを抜け、パサールスニ駅にあるクランバスステーションに行きます。
クランバスステーションまでは歩いて20分くらいです。
2010年01月30日_11時15分31秒
バスステーションには、クアラルンプール郊外へ行くバスがたくさんあるので、周りの人にプトラジャヤ行のバスはどれかと聞きましょう。
2010年01月30日_11時25分27秒
バスの中はこんな感じです。
料金はバスの運転手に直接払います。物価が日本に比べものすごく安いので100円~200円くらいだったと思います。
2010年01月30日_11時48分05秒
バスに乗り30分くらいで、ピンクモスクのある最寄駅プトラジャサイベルジャヤ駅に着きます。
2010年01月30日_12時41分25秒
ここで今度は街を循環しているバスに乗り換え、ピンクモスクへ向かいます。
バスには私たち以外乗っていませんでしたが、街にも不思議なくらい人がほとんどいないです。
新しい街らしく、計画的に作られているのか、すべてがきれいに整備されていて、クアラルンプールとは全く違うイメージです。
2010年01月30日_12時54分28秒
約30分ほどでピンクモスクのある、バス停に到着です。バスの運転手がここだよと教えてくれました。
2010年01月30日_13時16分53秒
ここにもやっぱり人は全然いません。ほんとに政治の中心地なのでしょうか。
2010年01月30日_13時20分42秒
バス停から歩いて10分ほどで着きました!
ピンクモスクと並んで、首相官邸があります。
2010年01月30日_13時41分06秒
そして、ピンクモスクです。
でかい!とても迫力があります。
ミナレット(塔)本数は、一般にモスクの規模、格式で決められるそうです。
1本ということは格式はあまり高くないのでしょうか。
2010年01月30日_13時47分08秒
入口です。やっぱりでかい!!
2010年01月30日_13時49分45秒
中に入りましたが、ここから先に入るには、短パンやノースリーブなどの素肌が見える格好では入れません。
ピンクのローブが無料で借りれます。
このローブいろんな人が着まわしているので、化粧がついて汚れていたりします。
2010年01月30日_13時51分24秒
日本人の観光客は一人も見かけませんでした。
この不思議で、きれいな街へぜひ訪れてみてください。
2010年01月30日_14時37分24秒


スポンサーリンク

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://hksurf.blog.fc2.com/tb.php/26-e96899bc