世界ふれあい旅日記

国内・海外の旅行記や美味しいものを紹介!

台湾 九分(九份) 行き方 旅行記

スポンサードリンク


千と千尋の神隠しの舞台として有名な九分に高速バスで行きました。
台湾旅行で一番楽しみにしていた場所です。

まずはこれから行く人のために、行き方の説明をしたいと思います。
電車で九分行きのバスが出る忠孝復興駅に行きます。
2010年11月26日_13時32分00秒
日本でもおなじみの「そごう(太平洋SOGO)」の前の道路を挟んだ向かいにあります。
駅前にはバス停がたくさんあるため、九分行きのバス停を探すのに結構苦労しました。
親切な地元のおばさんに道を尋ねてなんとか発見。
バス停の位置を写真に撮りましたので参考にしてください。
1062番が九分行です。
2010年11月26日_13時48分50秒
時期が11月と季節外れだったこともあり、九分行のバスは空いていました。
2010年11月26日_15時15分00秒
バスにゆられること約1時間30分で到着!
セブンイレブンが目印です。
狭い道に観光バスが次々とやって来てはたくさんの人が降りてきます。
2010年11月26日_15時22分00秒
セブンイレブンの脇に九分の入口があり、商店街のアーケードのようになっています。
お腹が空いてきたので、入口入ってすぐの牛肉麺屋さんに行きました。
2010年11月26日_15時24分18秒
店内はかなり混雑。
これは美味しい料理が食べられるかも!
2010年11月26日_15時38分40秒
注文してすぐに出てきました。
食べてみるとちょっと肉くさい。
麺は平打ち麺。
う~ん。食べれますが美味しいというほどではありませんでした。
台湾の料理は安くておいしいと聞いていたので、食べ歩きを楽しみにしてきたのですが、どうも私の口にはどれもあいません。
2010年11月26日_15時32分32秒
九分にはたくさんの屋台やお土産屋さんさんがあります。
日本では食べたことのない食べ物もたくさんあります。
また台湾料理独特のとてもくさい匂いの料理があり、それがかなりきついです(>_<)
2010年11月26日_15時45分06秒
どらやき!
2010年11月26日_15時47分21秒
サザエとイカ。
2010年11月26日_15時48分59秒
ソーセージ。
2010年11月26日_15時49分17秒
首輪に繋がれていない犬をたくさん見かけます。
最近日本では野良犬を見かけないのでちょっと怖い。
でもみんな気ままに、しっぽを振りながら楽しそうに散歩していました。
2010年11月26日_16時02分26秒
猫もたくさんいます。
2010年11月26日_16時20分23秒
途中で下に階段を降りる階段があり、あの有名な千と千尋のモデルとなった町並みがあります。
2010年11月26日_16時04分48秒
この赤ちょうちん正に千と千尋の世界です!
2010年11月26日_16時09分23秒
みんなこの場所に立ち止まり写真撮影会となっていました。
2010年11月26日_16時10分10秒
階段を降り、振り返ってもう一枚!
正直千と千尋の世界はここのごく一部だけです。
基本的には食べ物やお土産が並ぶアーケードなので見所は少ないかも。
2010年11月26日_16時58分28秒
観光用のアーケードを抜けると、九分に住む人たちの住宅街が出てきます。
せっかくなので少し奥まで散策しました。
2010年11月26日_16時35分03秒
上の方まで進むと目の前が開けました。
遠くの海が見渡せて景色がいいです。
曇り空だったのが残念です。
2010年11月26日_16時40分39秒
山側の景色もいい感じです。
カラフルな小さい建物は台湾のお墓ですけれど。
2010年11月26日_16時40分30秒
滞在時間は約1時間30分。
どこかの店に入りゆっくりしない限りは、十分堪能できる広さです。
またバスで台北に帰ります。
2010年11月26日_18時29分17秒
元のSOGO前に17時30分に帰ってきました。
九分は思っていたよりも狭く見どころも少ないので午後から日帰りで十分です!


スポンサーリンク

Comment

クラ says... ""
はじめましてブログ見させてもらいました。自分も以前台湾旅行をしまして九分にも訪れました。ノスタルジックな雰囲気の中、お茶などを楽しみました。観光客でも賑わっていましたが、ちょっと離れると生活感あふれる素朴な風景に出会えるのもよかったです。また、行ってみたくなりました。
2014.01.19 00:01 | URL | #HfMzn2gY [edit]
ヒーロ says... "Re: タイトルなし"
クラさんはじめまして。
コメントありがとございます。
私は急ぎ足の日帰り九分だったため、クラさんのようにお茶する時間がありませんでした。
今度は行くことがあったら、ゆっくり滞在し、夜の提灯が赤く灯るところも見てみたいなと思っています。
2014.01.19 21:15 | URL | #- [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://hksurf.blog.fc2.com/tb.php/156-be88165a