FC2ブログ

世界ふれあい旅日記

国内・海外の旅行記や美味しいものを紹介!

オペラ・ガルニエ 見学 外観と場内の写真

スポンサードリンク


オペラ・ガルニエに地下鉄を乗り継いで行きました。
行き方は地下鉄3・7・8号線のオペラ駅降りてすぐ目の前です!

オペラ・ガルニエは世界一壮麗なオペラハウスと言われるほど、外観も・内装も豪華絢爛です。

2011年05月22日_22時22分57秒

オペラ・ガルニエ周辺はデパートやブティック街、レストラン、免税店と大変賑わいがあります。

地下鉄オペラからはたくさんの人が降りてきます。

日本食レストランも多いらしく、日本人の姿もちらほら見かけます。

2011年05月22日_20時39分36秒

1875年に14年かけて完成された通称オペラ座は無名の建築家シャルル・ガルニエによってデザインされた建築です。

現在もここでオペラやバレエの公演が開かれています。

特にドレスコードは必要ないようです。

2011年05月22日_21時20分02秒

バロック様式や古典様式が巧みに取り入れられています

オペラ・ガルニエ前の石段にはたくさんの人が座り、思い思いの時間を過ごしています。

2011年05月22日_21時20分15秒

夜はライトアップされます。

2011年05月22日_21時20分23秒

入口で入場料を払い見学します。

ガイド付きと自由見学を選ぶことが出来ます。

雰囲気を楽しむのが好きなので、ガイド付きでもほとんど話を聞いていない私はもちろん自由見学。

2011年05月22日_20時59分34秒

ルーブル美術館やヴェルサイユ宮殿ほどの混雑がないのでゆっくりと豪華絢爛の館内を堪能。

2011年05月22日_20時59分17秒

大理石の広い階段を上ります。

2011年05月22日_20時56分47秒

当時の華やかな社交場を思い浮かべながら歩きます。

2011年05月22日_21時00分32秒

一番見たかったボックス席からの舞台です。

ここは馬蹄型の客席で、収容人員1900席を誇ります。

煌びやかなこの空間は正にオペラの殿堂と言える圧巻の豪華さです。

2011年05月22日_21時01分38秒

一面に金箔を貼られた壁が眩しい輝きを発しています。

2011年05月22日_21時01分48秒

上を見上げるとシャガールの天井画「夢の花束」が客席を覆っています。

これがまた眩しいほどの素晴らしさです。

2011年05月22日_21時03分55秒

中央には重さ6トンの豪華なシャンデリア。

2011年05月22日_21時01分22秒

迫力ある顔の彫刻。

オペラ・ガルニエはヴェルサイユ宮殿ほど広くなくギュッと詰まった豪華さが好きです。

2011年05月22日_21時03分40秒
場内見学:10時~17時
定休日:不定
料金:自由見学9ユーロ(料金が上がりますがガイド付きもあります。)

2011年05月22日_22時13分03秒

〈おまけ〉

お腹が空いたので、オペラ通りを歩きランチが出来るお店を探しました。

オペラ・ガルニエから歩いて5分かからないところにあるchez clement(シェクレマン)というお店に行きました。

2011年05月22日_22時20分59秒

ランチ14.9€と手頃な価格。

2011年05月22日_22時20分53秒

店内は満席。

観光客が次々お店に来ていました。

2011年05月22日_21時33分22秒

トマトのサラダとフランスパン。

2011年05月22日_21時50分56秒

メインはこの骨付きの鶏肉です。

この鶏肉がとても柔らかく、骨からするりと離れます。

ん~美味しい!

2011年05月22日_21時54分04秒

オペラ・ガルニエは夜は場内見学できないので、昼間に行ってオペラ通りでランチかカフェがお勧めです。


スポンサーリンク

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://hksurf.blog.fc2.com/tb.php/102-67ac2a43