世界ふれあい旅日記

国内・海外の旅行記や美味しいものを紹介!

バリ島 路地裏散策

スポンサードリンク


バリ島で迎えた初日の朝。
それは抜けるような青空と
白い雲のコントラストがきれいなすがすがしい朝。
まだ寝ている友人を起こさないように
そっと服を着替えて外に出る。

2012年04月22日_07時11分48秒

泊まったホテルはジ・アリッツ。
敷地内にいると非日常のリゾート地。
そこから一歩足を踏み出せば
アスファルトのない泥と水たまりでぬかるんだ現実の世界。

2012年04月22日_06時48分03秒

ぼくは観光地では味わえない現地の雰囲気を感じる為
細い路地裏へと迷い込む。

2012年04月22日_06時49分48秒

地元の人が利用する売店。
店主は奥の部屋でブラウン管テレビを見ながらお客が来るのを待っている。
ふと、ぼくは小さいころ通った駄菓子屋さんを思い出す。

2012年04月22日_06時55分09秒

犬も青空の下を自由に散歩。                                                                
2012年04月22日_06時55分48秒

近くに学校があるらしく
元気な子供の声が聞こえてくる。

2012年04月22日_06時55分33秒

立派な模様の入った大きな門。
平屋のぼろぼろな家から
立派な家までさまざまな家が混ざり合う路地裏。

2012年04月22日_06時56分30秒

2012年04月22日_06時56分37秒

舗装されていないでこぼこの道に揺られながら
2台のバイクがやってくる。
明らかに子供にしか見えない女の子が
さらに小さい女の子を乗せてぼくの脇を通り過ぎて行く。
これから学校に行くのかな?
それともあんなに小さい子供も
仕事に行かなければいけないのかな?

2012年04月22日_06時57分49秒

ぼろぼろの平屋も、豪華な家もみんな家の前には
花で飾られたお供え物が置いてありました。

2012年04月22日_06時56分59秒

貧乏人もお金持ちも関係なく
そこには信仰を厚く重んじるバリの人々の凜とした空気が流れていました。

2012年04月22日_06時55分41秒

短い時間の路地裏散策もそろそろ終わり。
部屋に戻って友人を叩き起こし
今日も楽しく
忙しい一日が始まります。


スポンサーリンク