世界ふれあい旅日記

国内・海外の旅行記や美味しいものを紹介!

なごみの塔からの景色 竹富島

スポンサードリンク


竹富島で一番高い建物がこのなごみの塔です。

場所は竹富島のほぼ中央に位置していて、散策中の目印にとしていました。

この日はあいにくの曇り空。

時おり雲の隙間から青空が出ますが、雨も降ったりやんだりのぐずついた天気。

2011年11月15日_10時02分02秒

なごみの塔は、竹富島で一番高いといっても4.5mです。

でも高い建物がないこの島では、この高さで十分遠くまで見渡すことが出来るんです!

この塔から眺める景色を一番楽しみにしていました。

2011年11月15日_10時04分31秒

珊瑚で出来た階段を上ります。

2011年11月15日_09時48分24秒

和みの塔の石段はかなりの急角度!

落ちないように手すりにつかまりながら慎重に上ります。

2011年11月15日_09時49分43秒

しかも狭いので、一人ずつしか上れません。

なんとなく崩れるのではと、少しハラハラしつつ上ると・・

2011年11月15日_09時54分07秒

おぉ~!

オレンジ色の屋根が広がる、美しい景色!

2011年11月15日_09時53分51秒

2011年11月15日_09時56分07秒

珊瑚の砂で出来た白い道をカップルがサイクリングしていました。

みんな楽しそうに島中を散策しています。

2011年11月15日_10時23分41秒

高い塔ではありませんが、ここからの景色はどんな高層ビルよりも感動的でした。


スポンサーリンク

竹富島 美味しい八重山そば 竹の子

スポンサードリンク


竹富島にある美味しい八重山そばのお店、竹の子に行きました!

このお店は竹富島の西の方にあり、西桟橋に行く途中に寄りました。

店は沖縄の古民家で素朴な作りです。

2011年11月15日_10時31分50秒

オープン時間の10時30分ちょうどに到着。

座敷席に座りました。

2011年11月15日_10時32分21秒

2011年11月15日_10時35分24秒

たくさんの色紙。

2011年11月15日_10時37分20秒

メニュー表。

迷わず「ソーキそば(800円)」を注文。

2011年11月15日_10時31分07秒

5分ほどでソーキソバが来ました!

ソーキが大きくトロトロでとっても柔らかいです。

スープも麺も文句なく美味しい!

2011年11月15日_10時40分17秒

石垣島の食べ物屋さんに必ずといっていいほど置いてあるピィヤーシ。

胡椒のような香辛料なんですが、実はこれ竹の子さんが最初に作ったそうです!

どんな味かといいますと、独特の風味はありますが、胡椒ほど味に主張がなく、正直良くわかりませんでした^^;

2011年11月15日_10時37分06秒

時期はずれだったため、お客さんは私たち以外に一組しかいませんでしたが、夏の観光ピーク時にはお客さんで店が一杯になるそうです。

外にテラス席があり、本当はそこで食べたかったのですが、雨が降ったりやんだりだったため今回は断念しました。

2011年11月15日_10時32分05秒

スープまで完食!

次は西桟橋に向けて出発です!

2011年11月15日_10時26分44秒

<住所>
沖縄県八重山郡竹富町字竹富101-1
<営業時間>
10:30~16:00
18:30~24:00(L.O.22:30)
<定休日>
不定休


スポンサーリンク

竹富島 水牛車に乗りました!

スポンサードリンク


竹富島で水牛車に乗りました!

竹富島には竹富観光センターと新田観光の2か所水牛車を運営している会社があります。
今回はたまたまフェリーターミナルを降りたところにいた送迎者が新田観光でした。
周遊する地区は違いますが、所要時間はどちらも30分程度でほぼ変わらないです。

2011年11月15日_09時26分29秒

フェリーターミナルを降りると観光会社が待ち構えているので、好きな会社を選びましょう。
中心地まで無料送迎してくれます。

2011年11月15日_08時56分11秒

水牛車料金
【新田観光】大人1,200円 小人600円です。
【竹富観光】料金は新田観光と同じですが、こちらは2歳以下は大人1名に付き1名無料だそうです。

2011年11月15日_09時01分00秒

バスの送迎時間です。

2011年11月15日_09時04分09秒

水牛車が並んでいます。

2011年11月15日_09時04分50秒

今回お世話になる水牛はメスの「わかちゃん」3歳です。
角にお花をつけたかわいい水牛です。

水牛の3歳は人間でいう18歳で、体重はなんと2トンもあるそうです。

2011年11月15日_09時06分46秒

わかちゃんよろしく~

ガイドのおじさんがいろいろ案内をしてくれながら進みます。

2011年11月15日_09時07分28秒

11月のシーズンオフに訪れたので、他にお客さんは誰もいません。
完全貸切状態です。

白い砂の細い道をゆっくり、ゆっくりと進んでゆきます。

2011年11月15日_09時14分27秒

途中でバナナの木を発見!

バナナってこういう木から出来ているんですね。

しかも大きな花が咲いていました。

2011年11月15日_09時16分04秒

赤い瓦屋根と石垣の風景にとても心が和みます。

2011年11月15日_09時17分54秒

竹富島の石垣は珊瑚から出来ているそうです。

ガイドのおじさんがいろいろと竹富島について教えてくれます。

冗談を交えながらなので、まったく飽きません。

2011年11月15日_09時19分16秒

各家には守り神シーサーがいます。

2011年11月15日_09時17分51秒

2011年11月15日_09時20分02秒

ガイドさんいわく、わかちゃんはゴールが近づくにつれて歩きが早くなるそうです。
早く終わらせてゆっくり休みたいからだそうです(笑)

2011年11月15日_09時25分32秒

ゴールまであと少しというところで、ガイドのおじさんが三味線を取り出し、沖縄民謡の「新安里屋ユンタ」を歌ってくれました。

ガイドさん歌がとても上手です。

どんな内容の歌なのかはよくわかりませんが、ガイドさんの歌声と三味線の音が静かな島に溶け込むように優しく響き渡ります。

あ~癒される。

2011年11月15日_09時20分26秒

とても和まされる水牛車散策でした。

わかちゃんお仕事お疲れ様です!

2011年11月15日_09時33分31秒


スポンサーリンク

石垣島から竹富島への行き方 おススメフェリー

スポンサードリンク


石垣島の離島ターミナルからフェリーに乗って竹富島へ行きました!

この竹富島に行きたいがために石垣島に来たと言っても過言ではないです!
今回フェリーが出る離島ターミナル近くのベッセルホテルに泊まりました。

このベッセルホテルからフェリーの出る離島ターミナルまで徒歩10分です。
レンタカーで離島ターミナルに行った場合駐車料金がかかります。
【駐車料金】
1時間100円。以降30分ごとに50円。

2011年11月15日_08時11分43秒

ここが離島ターミナル。
小さく殺風景です。
沖縄本島に比べると石垣島は自然のままというか華やかさに欠けます。
その分、よりのんびりとした時間が流れているのかもしれませんが。

2011年11月15日_08時19分11秒

フェリー会社がいくつかあります。
各会社により行ける島が違ったり、同じ島でも料金が微妙に違ったりします。

2011年11月15日_08時21分15秒

私が今回選んだのは一番奥にあるこのドリーム観光です。
選んだ理由は単純に他より安いからです!いつものことですが。

フェリーは片道より往復で買ったほうが若干安くなります。
私はさらにお得な3日間乗り放題のフリーパスを購入しました。(大人3,500円)
この竹富島(往復1,280円)ともう一つ西表島(3,390円)に行くつもりだったので
このフリーパスは断然お得です!
※欠点としてはこのフェリーは波照間行きの便はありません。

2011年11月15日_08時29分51秒

ドリーム観光のフェリー時刻表。
朝8時40分発の竹富島行きに乗ります。

事前に予約が必要なのか前日に聞きましたが、
混雑で乗れないということはまずないとのことで、
出発10分前に来てくれればいいと言われました。

2011年11月15日_08時25分53秒

船内の様子。
他の会社のフェリーの方が料金が高い分、豪華なのかと思いましたが、
見た感じどこもそんなに変わりがなさそうでした。

2011年11月15日_08時40分00秒

石垣島から竹富島までは6kmほどしか離れていないため、
10分ちょっとで着いてしまいます。

到着すると、レンタサイクルや水牛の観光業者が待ち構えています。
フェリーから村の中心地までは離れているため、
どれかに声をかけて乗せて行ってもらわなくてはなりません。

今回は水牛と貸自転車に乗るつもりだったので、
水牛車に声を掛け、村の中心にある受付まで
連れて行ってもらいました。

2011年11月15日_08時56分11秒

後は、水牛車に乗り、自転車に乗り、竹富島の白い砂浜で敷き詰められた細い道を、思う存分散策です。

2011年11月15日_09時14分27秒


スポンサーリンク